2014年9月5日金曜日

広島

広島市北部の土砂災害で広島県は5日、土石流が107カ所、崖崩れが59カ所で発生していたとする調査結果をまとめた。これまで土石流は75カ所、崖崩れは37カ所で確認されていたが、その後の調査で大幅に増加した。

土石流、崖崩れ発生箇所計166カ所のうち162カ所は安佐南、安佐北両区内。

県は被害が大きい区域から順次、航空写真や現地調査などで発生箇所の確認を進めている。

2

 

 

 

 

新型ロードスターのスペック全長×全幅×全高=3915×1730×1235mmホイールベース=2315mmエンジン=SKYACTIV-G 直噴ガソリンエンジントランスミッション=SKYACTIV-MT 6速MT/6速ATフロントサスペンション=ダブルウィッシュボーンリアサスペンション=マルチリンクステアリング=電動ラックアンドピニオン(EPS)ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク/後ソリッドディスクタイヤ=195/50R16(展示車はヨコハマ・アドバン スポーツを装着)。

 

 

 

国交省

国交省、省エネトラック普及へ補助金…エコタイヤ導入など対象(レスポンス)
補助金とはいったいどういうことなのでしょうか。
かつ、気になったこととして、次公募の情報は、非常に注目しています。
かつ、果たして、革新的省と補助申請合計額はどのような相関性があるのか、よく考えてみたいですね。
いかにも、国交省は、とてもすごいと思います。
過労運転防止機器に関しても気になりますが、衝突被害軽減は、超小型に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000046-rps-soci

 

新型ロードスターのスペック全長×全幅×全高=3915×1730×1235mmホイールベース=2315mmエンジン=SKYACTIV-G 直噴ガソリンエンジントランスミッション=SKYACTIV-MT 6速MT/6速ATフロントサスペンション=ダブルウィッシュボーンリアサスペンション=マルチリンクステアリング=電動ラックアンドピニオン(EPS)ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク/後ソリッドディスクタイヤ=195/50R16(展示車はヨコハマ・アドバン スポーツを装着)。

2014年9月4日木曜日

ウイルス

都は公園内10カ所に設置していた蚊の採集器を3日に回収し、都の健康安全研究センターで分析していたた。都では8月26日夕から27日朝にかけても35匹を捕まえたが、ウイルスを保有した蚊はいなかった。

ウイルスを持った蚊が見つかるのは初めて。

デング熱の国内感染が相次いで確認された問題で、東京都が感染場所とみられる都立代々木公園(渋谷区)で採取した蚊から、デングウイルスが検出されたことが4日、分かった。

同日中に会見する予定。

http://chiro1.hamamatu.org/

2014年7月11日金曜日

エビフライ

エビフライの尻尾の食感は、ゴキブリの食感と同じ

2014年7月10日木曜日

新素材

新素材は鉄とコバルトの合金で、たたいたり、ふるわせたりすると、素材内部の磁場が変化し、発電する。長さ20ミリ、厚さ1ミリ、幅2ミリの大きさだと0.1ミリ・ボルトの電圧が発生する。これまで使われていた鉄ガリウム合金に比べると、最大2.5倍の発電出力となる。研究グループによると、新素材を使用することで、スイッチを押す力で電気を起こす電池いらずのリモコンや、タイヤの振動でバッテリーを給電する自動車の開発に応用できるほか、波の満ち引きの力を使った波力発電などの自然エネルギー分野への展開が有望になる

2014年7月8日火曜日

尿

さまざまな哺乳類を撮影した動画によって、動物が3キログラム以上であれば、膀胱を空にするのにかかる時間はおよそ21秒であることが明らかになった。その理由を探るため、研究者たちは動物たちの尿道から出る尿の流量を測定した。動物の体が大きくなるとともに、その尿道の長さも長くなる。たとえば、ゾウの尿道はネコの尿道より長いため、重力によってゾウの尿道にかかる圧力は大きくなり、尿の出る速さも大きくなっていた。この法則はラットやコウモリなどの小型動物には当てはまらなかった。それらの放尿はたったの0.1~2秒しかかからない。小型動物の尿道はとても細いため、重力は尿の射出に影響を与えない。その代わりに、尿が雫として現れるまで表面張力が尿道沿いに尿を引っ張っていた。

2014年7月3日木曜日

異種交配

ネアンデルタール人が絶滅した原因は、現生人類との異種交配だったという研究結果が発表された。研究チームは次のようなシナリオを描いている。寒冷化する気候をしのぐため、ネアンデルタール人は遠くへと旅を続けた。そして、現生人類と出会い、交配が増え、混合種が生まれるようになる。 遺伝子混合が何世代にもわたると、個体数が圧倒的に少ないネアンデルタール人のゲノムはしだいに減り、現生人類の中に吸収されていった。考古学者マイケル・バートン氏は、「異種間の遺伝子流動が進むと、どちらか一方の種が明確なグループとして識別できなくなり、消え去る場合がある」と話す